最新情報大会・試合結果

関東インカレ2019 3日目

関東インカレ3日目が終了しました。だんだんとスタンドの応援も増え、気迫のこもった声援が選手たちに送られています。

30℃を超える炎天下の中、本日も気温以上に白熱した戦いが繰り広げられました。以下、3日目の結果を報告させていただきます。

 


 

女子1部七種競技
100mH
橋本春菜(体育3) 3組1着 14“11(963) -2.5
シュレスタまや(体育3)3組3着 14“50(909) -2.5
池田涼香(体育1)3組5着 14“66(887)

走高跳
橋本春菜(体育3) 2組2位 1m69(842)
池田涼香(体育1) 2組3位 1m66(806)
シュレスタまや(体育3) 2組4位 1m63(771)

        

↑池田(体育1)

砲丸投
池田涼香(体育1) 5位 11m10(602)
シュレスタまや(体育3) 10位 10m30(549)
橋本春菜(体育3) 13位 10m26(546)

↑シュレスタ(体育3)

↑橋本(体育3)

200m
池田涼香(体育1) 1組2着 26“05(793) +2.3
橋本春菜(体育3) 3組3着 25“11(877) +3.7
シュレスタまや(体育3) 3組7着 25“95(802) +3.7

1日目途中経過
橋本春菜(体育3) 3228点 1位
池田涼香(体育1) 3088点 5位
シュレスタまや(体育3) 3031点 6位

3人揃って上位に位置付けている混成チーム。明日の活躍からも目が離せません。

男子1部800m
予選
伊藤翔吾(体育3) 2組4着 1‘54“87
有松憧(医学2) 3組3着 1‘52“03 PB 準決勝へ
薄田健太郎(体育3) 4組3着 1‘50“82 準決勝へ

準決勝
薄田健太郎(体育3) 1組5着 1‘51“03 決勝へ
有松憧(医学2) 2組6着 1‘55“27

昨年の日本インカレで入賞している薄田はプラスで意地の決勝進出。決勝の舞台で走る姿に注目です。

女子1部800m
予選
中谷桐子(体育2) 3組2着 2‘12“47 準決勝へ

準決勝
中谷桐子(体育2) 1組5着 2‘13“75

惜しくも決勝を逃した中谷ですが、マイルでの決勝進出に大きく貢献しました。

男子1部200m
予選
山下潤(体育4)1組1着 20“94 +4.0 準決勝へ
伊藤海斗(体育1) 2組4着 21“08 +4.0 準決勝へ
齊藤勇真(体育3) 3組5着 21“43 +3.4

昨年この種目優勝の山下は順当にラウンドを進めました。ルーキー1年の伊藤も準決勝進出です。

女子1部200m
予選
檀上明日香(体育2) DNS
高貝美穂(体育4) 3組6着 25“50 +3.7

男子1部3000mSC
予選
齋藤零司(体育4) 1組15着 9‘37“35
川瀬宙夢(医学5) 2組7着 9‘08“95 決勝へ
重山源斗(体育3) 2組13着 9‘23“86

川瀬の決勝進出でチームはさらに勢い付きました。

女子1部3000mSC
予選
狩野早耶(体育3) 1組7着 11‘07“80 PB

狩野は大舞台で自己ベストを更新しました。

男子1部400mH
予選
高橋塁(体育4) 1組2着 51“16 準決勝へ
堀健人(体育3) 2組6着 52“81
塩川大輔(体育1) 3組3着 51“91 準決勝へ

↑高橋(体育4)

男子3部400mH
新城雄基(M1) 51“55 1位 NGR

女子2部400mH
伊藤明子(M2) 58“92 1位 NGR

大学院生の400mHは大会新でのアベック優勝を成し遂げました。

男子1部10000mW
山本隼汰(体育3) 42‘12“57 PB 10位

男子3部10000mW
佐藤高嶺(D2) 47‘27“02 2位
奥野哲弥(M2) 49‘52“58 3位

女子1部4×400mR
予選
筑波大学(佐々木、小林、檀上、中谷) 2組3着 3‘48“39 決勝へ

男子1部4×400mR
予選
筑波大学(松尾、伊藤、髙橋、塩川) 1組7着 3‘11“91

女子1部三段跳
予選
剱持クリア(体育4) 1組1位 12.68 +0.3 決勝へ
山下桐子(体育2) 1組6位 12.34 +1.1
橋本梨沙(体育2) 2組3位 12.42 +3.4 決勝へ

決勝
剱持クリア(体育4) 12m79 +3.8 2位
橋本梨沙(体育2) 12m07 +2.4 10位

剱持は、女子副主将としてチームに大きな得点をもたらしました。

男子1部ハンマー投
小林裕季(体育2) 58m62 PB 6位
富永天平(体育3) 56m75 9位
池田真佐夫(体育4) NM

入賞した小林は今シーズンベストを更新し続け、安定した強さを見せています。

男子1部棒高跳
内山朋也(体育3) 5m15 5位
植松海理(体育4) NM
菅颯一郎(体育2) NM

内山が魅せたガッツポーズは応援席を大いに沸かせました。

男子1部走高跳
北川溫矩(体育4) NM
柴田涼太郎(体育1) 2m05 6位
竹内哲大(応理1) NM

1年生ながら6位入賞した柴田(体育1)

 


 

男子トラック種目では、多くの選手が最終日の準決勝・決勝に駒を進めています。女子は4継に続いてマイルも明日の決勝進出を決めました。七種競技は折り返し、橋本が現在トップです。対抗得点も最後まで気が抜けない状況となっています。最終日にも筑波が誇る選手たちが続々登場します。

チーム一丸となりそれぞれの役割を最後まで全うして参りますので応援をよろしくお願いいたします!!

 

文責:投擲ブロック2年 兵藤秋穂