最新情報

HPヘッダー更新!!~関東インカレVer~

関東インカレまであと7日となりました。いよいよ間近に迫ってきた関東インカレに向けて、HPのヘッダーを更新しましたのでお知らせします。

 


 

【短距離障害ブロック】

昨年度優勝の主将・山下潤(体育4)が出場する男子200mは3日目(5/25)からスタート。

2018シーズン、学生個人3位の佐々木天(体育4)、アジアジュニア優勝の吉田唯利(体育2)、インターハイ優勝の小林歩未(体育1)と実力者揃いの女子100mHは初日(5/23)に予選が行われます。

最終日は最終種目の男女4×400mRが筑波大学を盛り上げます。

【中長距離ブロック】

世界クロカン出場など昨シーズン大躍進を遂げた上田雪菜(体育4)は初日(5/23)の女子10000m、最終日(5/26)の女子5000mにエントリーしています。

学生ラストシーズンとなる三津家貴也(M2)が出場する男子3部1500m(5/23)、男子3部800m(5/25)にもご注目ください。

【跳躍混成ブロック】

初日(5/23)に行われる女子走幅跳には先月のアジア選手権で銀メダルを獲得した高良彩花(体育1)が出場。関カレ3連覇を狙う剱持クリア(体育4)が出場する女子三段跳は3日目(5/25)に行われます。フルエントリーの両種目で表彰台独占を狙います。

先日自己ベストを更新し、勢いのある山本淳貴(体育4)は最終日(5/26)の男子三段跳に出場します。

【投擲ブロック】

選考会で3選手全員が自己ベストを更新して挑む女子円盤投は初日(5/23)、同日程で2部の競技も行われます。

2日目(5/24)の女子やり投にはランキングトップに付けている桑添友花(体育3)が出場。この種目は昨年度3人入賞を果たしています。

激戦の選考を勝ち抜いた3選手がエントリーの男子ハンマー投は3日目(5/25)です。

 


 

ここで紹介した以外にも、注目の種目が盛りだくさんの4日間です!

チームの目標である 男女総合アベック優勝 の達成に向けて選手一人ひとりがベストを尽くします。

Twitter、Instagramでも随時インカレ中の様子や競技速報をお伝えします。筑波大学陸上競技部の応援ハッシュタグ #醒めて起て とともに是非応援をよろしくお願い致します!!

 

作成:跳躍混成2年 吉岡美玲

   短距離障害2年 枝川岳史

   投擲2年 兵藤秋穂