ブログ短距離障害ブロックブログ大会・試合結果等

【短距離障害】第1回筑波大競技会

こんにちは!

前回の記事で紹介したように、先日新入生が本入部し、短距離障害ブロックは新たなメンバーとともにフレッシュな環境で日々練習に励んでいます。

さて、少し前にはなりますが4月6,7日に第1回筑波大競技会が行われ、多くの選手がシーズンインしました。
今回はその結果を報告させていただきます!


男子100m
北島昌樹(化学4) 11.34(+2.4)
山下潤(体育4) 10.45(+2.0), 10.45(+2.1)
高橋優作(体育3) 10.70(+0.7), 10.77(+2.1)
安田駿(体育3) 11.27(+1.3), 11.13(+2.4)
山中翔平(体育3) 11.13(+0.3)UB, 11.32(+2.1)
新城雄基(M1) 11.36(+0.3)
東田旺洋(M2) 10.66(+0.7), 10.66(+2.1)

 

男子200m
高橋塁(体育4) 22.35(-1.4)
野々川善己(応理3) 22.63(-1.0)
東田旺洋(M2) 21.62(-1.0)

男子400m
高橋塁(体育4) 48.64
堀健人(体育3) 49.71 PB
井上翔遥(体育3) 47.04 PB
齊藤勇真(体育3) 50.07 PB
野々川善己(応理3) 49.43 PB
伊藤悠貴(体育2) 52.19
枝川岳史(体育2) 49.48 UB
松尾脩平(体育2) 47.45

(PBを更新した野々川)

男子110mH
宮下哲(体育4) 15.12(+1.8), 15.63(+0.3)
関口大輝(比文2) 15.08(+1.8), 15.34(+0.3)

男子400mH
安立悠紀(体育4) 54.29
伊藤悠貴(体育2) 55.21
新城雄基(M1) 52.08

(スターターを務める大蘆,大越)


女子100m
高貝美穂(体育4) 12.71(+0.6), 12.66(+1.1)
喜多綾音(体育2) 12.95(+1.0)
檀上明日香(体育2) 12.13(+1.7), 12.38(-1.1)

女子200m
高貝美穂(体育4) 25.71(+0.6)
飯田望見(体育3) 26.46(0.0)PB
檀上明日香(体育2) 25.08(+0.6) PB

女子400m
飯田望見(体育3) 60.99

女子4×100mR
小林(体育1)檀上(体育2)高貝(体育4)喜多(体育2) 48.26

女子4×400mR
佐俣(医学3)飯田(体育3)シュレスタ(体育3)橋本(体育3) 3.58.19

(2走飯田→3走シュレスタ)

 

以上になります。


男子400mを中心に、自己ベスト達成者が合計6人という、チームとしても良いシーズンインとなりました。

そこで今回、専門種目でベストを更新した2名にインタビューを行いましたので、その内容を紹介させていただきます!

 

井上翔遥(体育3)
–自己ベストを出しての率直な感想を聞かせてください。
冬季練習の成果が記録として表れたことを素直に嬉しく思っています。それと同時に尻すぼみだった昨シーズンを思い出し、身が引き締まる思いです。

–冬季練習では、どのようなことを意識して取り組んできたのですか。
僕はみんなと同じようなウエイトトレーニングをすることが出来なかったので、負荷の少ないトレーニングを反復して行うことで走るために必要な筋力をつけました。このようにできることとできないことを区別し、決して無理はしないように心がけました。

–今後に向けて一言お願いします。
大学のシーズンも3年目に突入し、今シーズンは僕の陸上人生の中でもかなり大きな分岐点になると思うので、しっかりと結果を残していきたいと思います。スナッチやスクワットが出来なくても速く走れるということを証明したいと思います。

(全体集合でベスト報告をする井上)


野々川善己(応理3)

–自己ベストを出しての率直な感想を聞かせてください。

冬季練習を乗り越えて昨年より走りが良くなっている実感はあったので、それがしっかり結果となって現れたことにほっとしています。それと同時に、満足のいくタイムでは無かったので物足りなさも感じました。

–冬季練習では、どのようなことを意識して取り組んできたのですか。

体幹トレーニングは特に大事にしていました。ただ鍛えるのではなく、体幹の強化が走りに繋がるようなトレーニングを意識的に取り入れました。

–今後に向けて一言お願いします。

今シーズンはまだまだ始まったばかりなので、目標としている結果を目指して更にPBを更新できるよう、しっかりと練習をしていきたいと思います!


2人に共通するところは、個人の課題や特性に日々向き合い、練習のなかで自分に必要なトレーニングを取捨選択できたところではないでしょうか。

これから本格的にシーズンが始まり、チーム全体でまとまって練習を行うよりも、個人でメニューを計画してこなしていく機会が多くなっていきます。

そんな中では、2人のようにできるかどうかが特に、今後のカギを握っていきそうですね!

 

今回は第一回の結果を報告いたしましたが、明日、明後日は第二回筑波大競技会が開催されます。

この試合でもいい流れを作れるように、それぞれの目標に向かって頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします!

 

文責:短距離障害ブロック4年 山本奈穂