最新情報跳躍ブロックブログ

【跳躍】第1回筑波大競技会

こんにちは。跳躍2年の吉岡です。

大学周辺の桜は美しい花を咲かせ、満開を過ぎた桜は桜吹雪に代わり私たちを楽しませてくれています。4月が終わるころには葉桜となり生い茂った葉がまた違った美しさを見せてくれることでしょう。
さて、多くの選手の初戦となった第1回筑波大学陸上競技会の結果を報告させていただきます。

 

男子走高跳

北川温矩(体育4) 2m05
小林昌生(体育3) 2m00
藤森俊秀(体育3) 2m00
柴田涼太郎(体育1) 2m00

男子三段跳

犬井亮介(M1) 15m34(+1.3)
山本淳貴(体育4) 15m38(-0.8) PB
勝田輝(体育3) 13m71(-0.1) 
兒玉直之(体育2) 14m04

(山本)

男子走幅跳

宮内勝史(体育4) 7m52(+0.6)
松岡修平(医学4) 7m00(+0.2)
谷内剣(体育4) 6m84(+0.6)
井上幹智(体育4) 6m64(+0.2)
竹入聡一郎(応理3) 6m64(+0.2) PB 
藤内雄大(体育2) 6m96(+0.5)

(宮内)

男子棒高跳

白石拓視(体育4) 4m60
植松海理(体育4) 5m00
芝井良太(体育4) NM
菅颯一郎(体育2) 5m00

(菅)

女子走高跳

若本きらら(M2) 1m63 PB 

女子三段跳 

剱持クリア(体育4) 12m33(+0.3)
山下桐子(体育2) 12m04(-0.9)

女子走幅跳

茂沙織(体育4) 5m59(-0.2)
吉岡美玲(体育2)5m60(+0.4)

(茂)

女子棒高跳

八木田春菜(体育4) 3m40
塩崎泉(体育1) 3m60

(八木田)

 

以上となります。
三名の選手が自己ベストを更新することができました。今回は自己ベスト達成者の方からコメントを頂いています。 

女子走高跳 若本きらら(M2)
自分の理想とする動きをするためにはどんな練習をしたらいいか、学群生のときから試行錯誤をしてきたことが漸く、パフォーマンスにつなげられるようになってきました。まだまだ高く跳べる実感をつかめたのでさらに記録更新をします!

男子三段跳 山本淳貴(体育4)
長期的に4年目を意識し練習してきたので、それが形となりつつあり良かったです。
インカレ等で結果を出すことはもちろんのことですが、ベストを更新することによって、ブロックやチームに勢いを与えられる存在となれるよう、これからも頑張ります。

男子走幅跳 竹入聡一郎(応理3)
1センチだけですが自己ベストを更新することができました。
冬季を経て、走力が大幅に向上しました。まだまだ跳躍に活かしきれていないので、練習を重ね、さらなる記録更新を目指します。

本格的なシーズンに向けて心高鳴る結果になった選手も、納得のいかない結果になった選手も自分を見つめなおし更なる高みを目指して努力していきます。
2019年シーズンも筑波大学陸上競技部をよろしくお願いいたします。