【跳躍】年始恒例行事

遅ればせながらあけましておめでとうございます、跳躍2年の八木田です。

跳躍ブロックは年末年始の帰省期間を終え、10日から練習を再開しました。1月に入って寒い日が続き、インフルエンザ等も流行っているので体調管理にかなり気を配っています。

 

昨日は混成ブロックと合同で毎年恒例の筑波山登山を行いました。神社に集合し、各自頂上を目指して登ります。天候にも恵まれ、登り切った頃には汗を流す人が多く見られました。

昨年の筑波山登山がついこの前のように思えるのですが、もう1年経ったのだなと実感しました。

 

続いて、最近の練習の様子です。

前回のブログでは虹の広場での練習の様子をお伝えしましたが、今回はキャンパス内にあるセキショーフィールドでの練習風景です。とても広いグラウンドなので、約150mの距離をとって走りました。筑波大学はスポーツ施設が充実しているので、競技場の改修中でタータンが使えなくても、他の練習場所を確保することができます。

 

↑人工芝が綺麗な施設です。久々のミドルスプリントでしたが、全力で走れました!

 

 

 

来月上旬には推薦入試の合格者を対象に、3日間の合宿、下旬には一般入試が行われます。新たな仲間に出会えるのがとても楽しみです!

まだまだ冬期練習は続きますが、怪我に気を付け、病気に気を付け、充実したものにしていきます。

2018年も跳躍ブロックをよろしくお願いします!

Copyright ©  2018   筑波大学 陸上競技部  All rights reserved.