筑波大学 陸上競技部 > ブログ > 短距離障害ブロックブログ > 【短距離障害】万博&T-DOMEでの練習

【短距離障害】万博&T-DOMEでの練習

こんばんは、失礼します。短距離障害ブロック1年の大越崇浩です。

12月10日、本日は午前中は万博記念公園にて、午後は筑波大学T-DOMEにて練習を行いました。

 

【午前】いつも通りのアップを各グループで行い、さらに本日はポイント練という事でそこから約30分程入念にアップを行いました。

その後坂に移動し、(30m×3、60m×3、120m×3)×2セットと言う(辛い)メニューを行いました。

やはり辛いと思ってる人は自分以外にもいて、セット間の15分レストは道路中に自分含め沢山の部員が倒れ、数人は吐く場所を探しにどこかへ…という風に地獄絵図のような感じでしたが、きつい時は3年生、2年生の先輩方を中心に部員全員で声を掛け合い、乗り越えました。

 

 

 

 

↑15分レスト時の写真

きついメニューでしたが、スピード感もあってかなり質の高い練習をできたと思います。

 

 

 

 

 

【午後】T-DOMEにて、1月の本格的なウェイトトレーニングに向けての導入的な練習を中心に行いました。

1年生はウェイトトレーニングをやった事のない部員がほとんどなので、クリーンやジャークなどをする際の正しいフォームを先輩方に教わりながら練習をしました。

午後はアップテンポの音楽を流しながらの練習で、部員一同気分も高まり練習に一生懸命取り組む事が出来ました。短距離障害ブロック、冬季練頑張ります!

Copyright ©  2018   筑波大学 陸上競技部  All rights reserved.