筑波大学 陸上競技部 > ブログ > 短距離障害ブロックブログ > 日本選手権結果&近況報告(短距離障害)

日本選手権結果&近況報告(短距離障害)


おはようございます。短距離2年山本です。

 

6月23日~25日に世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権が、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われました。男子100mの9秒台が期待され、メディアでも多く取り上げられた試合となったため、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。その日本選手権に、短距離障害ブロックからは5名の選手が出場いたしましたので結果報告をさせていただきます。

 


【男子100m】

東田旺洋(体育4) 予選 10″47(-0.6)1組2着 / 準決勝 10″59(+0.5)2組8着

齊藤勇真(体育1) 予選 10″66(-0.9)2組5着

【男子200m】

山下潤(体育2) 予選 20″73(-0.4)2組3着 / 決勝 20″87(+0.3)第6位

【男子110mH】

石川周平(体育4) 予選 13″67(+1.3)1組2着 ←PB & 筑波大歴代3位 / 準決勝 13″78(+0.3)2組4着 / 決勝 13″80(-0.2)第7位

【女子100mH】

佐々木天(体育2) 予選 13″69(+0.3)4組4着 ←PBタイ / 準決勝 13″72(+0.3)2組8着


 

結果報告は以上となります。2名が入賞、うち1名が筑波大歴代3位の記録をマークすることができました。

来年は山口県で日本選手権が開催される予定です。その試合では、今年よりもより多くの選手が短距離障害ブロックから出場できるように、そして入賞できるように日々精進していきます!

 

 

 

続きまして、練習の近況を報告させていただきます。

短距離障害ブロックでは、前半シーズン最後の試合に向けて6月に強化練習を行いました。各個人で試合があったり、教育実習で多くの4年生が不在という状況ではありましたが、梅雨の中天気にも恵まれグループごとにまとまって強度の高い練習を積むことができました。

 

 

 

 

 

練習風景①

 

 

 

 

 

 

練習風景②

 

 

 

 

 

 

 

ポイント練習レスト時

 

 

 

 

 

7月に入り、今日から多くの都道府県で選手権大会が開催されていきます。また、7/2には中国で日中韓交流大会も開催され、短距離障害ブロックから2名の選手が出場予定です!前半シーズンの締めくくりとして、それぞれが目標を達成できるように精いっぱい頑張っていきますので、ぜひご声援をよろしくお願いいたします!